ねばねばダイアリー

一口馬主(ノルマンディー,キャロット)について語ります。        日本嫌煙党党員

早期リタイア

優雅

チャンスが有ったので今日は有給休暇を取得した。
朝から2時までスポクラのレッスンに出たっリ、ラウンジで新聞を呼んだりして時間を過ごす。
3時位にちょっと遠くのくらはま寿司まで自転車で行って、一皿90円の寿司をつまむ。
夕方に帰宅して眠いので昼寝。
7時半に起きて、サッカーの日本代表戦を見る。
9時半に再びスポクラに行ってレッスンに出る。
んで、今、逃げ恥の録画を見ながらブログを書く。

こういう優雅な一日の過ごし方があるだろうか。
早くリタイアして毎日がこんな生活をおくりたいものだ。

ナニワ金融道の作者の青木雄二氏も同じようなことを言っていた。
著書の中で、仕事もいいが遊んで暮らすのが一番といい、その遊んで暮らすという内容は、
「朝ゆっくりと9時ころに起きて、喫茶店で新聞6紙に目を通して、午後からは500円の市民プールに行き、夕方からビールを飲みだす。」というもの。
まさに今日の自分の過ごし方と同じだ。
遊んで暮らしてリタイア生活というと大橋巨泉氏のような海外でゴルフ三昧というイメージがあるが、そんなにカネを使わなくても優雅な時間を過ごすことはできるんもんだ。

【中古】 ゼニの幸福論 /角川春樹事務所/青木雄二 / 青木 雄二 / 角川春樹事務所 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】
【中古】 ゼニの幸福論 /角川春樹事務所/青木雄二 / 青木 雄二 / 角川春樹事務所 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】
 

セミナー

時間があったので、新宿まで行って、中古ワンルームマンションの投資セミナーに参加した。
都心の優良物件だと、キャッシュで買っても利回りは5%くらい。
税金2割として、実質4%にしかならないようだ。

郊外の物件や築年数が30年以上経過した物件なら高利回りも見込めるが、リスクも高く勧めないと言われた。

実物不動産に投資して、実質4%の利回りでは割りに合わない。リートでもまだ2%くらいの配当はあるから、そっちの方がリスクを押さえられる分ましだろう。

実質利回り4%ってことは元本回収に25年かかる。その時の元本である物件価格はどうなっているのだろうか。築年数が10年の中古を買ったとして、25年後は築35年になる。無価値というのはないだろうが、相当減価していることは間違いない。

もちろん、25年待つのではなく、途中で売却を考えるのだろうが、それだと結局は値上がり益を狙うのと考え方が同じになってしまう。
いずれにしろ今の価格水準では、東京の不動産は投資に向かないのではないか。 

明日はノルマンディーのフィオレンツァが出走。厳しいだろう。ここで二桁着順なら引退だろうね。


セミリタイア

仕事が忙しく理不尽なことだらけだと、セミリタイアを考えたくなってくる。

来年末まで仕事を続けるとして、退職員を勘案すると数千万円の金融資産が手元に残ることになる。

これで平均的な生活が30年間できることになる。
75歳までは生きることができるはずだ。

現在の一月あたりの生活費は20万円だが、うち家賃が10万円と半分を占める。
これを7万円にして月の生活費を17万円とすれば35年間生きることができるから、80歳まで食いつなぐことができる。

多少なりとも国債の利息は付くからもうちょっと長生きできるかもしれない。

節約生活のキムさんmushoku2006さんのように、年間100万円での暮らしは難しい。
23区に住んでいるけど、通勤を考えなければどこに住んでもいいわけだ。
国道16号の外側でもいいし、圏央道までいってもいい。
駅に近く、スーパー、図書mushokuさんは、住宅費がかからないみたいだから可能だろうけど、キムさんは住宅費込みで100万円だから大したものだ。

自分の家計簿を見ても、無駄なのは、食費が3万円かかるのと、家賃が10万円、スポクラの会費が1万円くらい。
あとは一口馬主だね。
付き合いもあるし簡単にはやめられないけど。

問題はやっぱり住宅だね。
家賃の低いところに引っ越すか。
現在は東京館、スポクラさえあれば生きていける。
家賃7万か、1000万円台のコンパクトマンションが帰ればいいのだが。

ヤクルトはサヨナラ勝ちで首位をキープ。
阪神も勝ったので0.5差は変わらず。中日は大野だったので勝ってくれると思っtが、藤浪のほうが上を行っていた。
広島が巨人に勝ち5割復帰。
菅野はあの防御率で10勝できない。気の毒。

10月4日、東京ドームの巨人ヤクルトのチケットが、ヤクルトファンクラブ会員だと先行で購入できることになった。
優勝の行方がここまでもつれるかもしれない。
優勝が決まるのは、9月28日以降だろう。
正直最終戦の10月4日までもつれたら厳しいと思う。
東京ドームで巨人に勝てる想像がわかない。

今日は残業で神宮に行けなかった。

明日は行こう。

家に帰ってTVをつけるとBS朝日で広島-巨人戦が早く終わっていて、ドラ1の地獄というドキュメントをやっていた。
主役は巨人の大森剛。
元木を押しのけて巨人にドラフト1位で指名され、オープン戦でも好調で開幕1軍をつかむ。
しかし、開幕のヤクルト戦、9回裏サヨナラのチャンスで代打起用。
左中間を破ろうかというあたりをレフト栗山のダイビングキャッチ。
これを気に全てがマイナスに転んでいくというストーリーだった。
その後近鉄に移籍後戦力外通告。
引退後は巨人のスカウトになり、坂本を発掘するというストーリーだった。

大森の当たりを栗山がキャッチしたシーン、リアルタイムで見ていたなぁ。
完全に負けたと思っていたもの。
野村ヤクルトの開幕戦でもあった試合でした。

ドキュメント「野村監督語録集」〜名将かく戦い かく語りき〜 [ 野村克也 ]
ドキュメント「野村監督語録集」〜名将かく戦い かく語りき〜 [ 野村克也 ]

 

早期リタイアと株価

今週に入ってからも、相変わらず株価は下げ続けています。 先月に買い増したETFを恨みに思ってます。 あと、1ヶ月待っていればと、悔しい限りです。 それでも2008年の秋に比べれば、大したことないと達観している自分の強さに驚いています。 2007年の時点では、今年2010年にはリタイア目標金額の2分の1くらいには達するなと思っていたのですが、こうも大きな下げを短期間に2度も被ってしまうととても達成できません。 こういう時に限って、しごとは嫌なことが続きなので萎えてしまいますが、早期リタイアできない以上、仕事に取り組むしかありませんね。

おばあちゃんの家のアテにしていいのか

早期リタイアしている人のブログを見ると、住宅は確保している人が多いように見えました。当たり前の話ですが、普段の生活の固定費で最も高いのは住居費なのだから、これが発生しないもしくは低廉であれば、早期リタイアのためのハードルがぐっと低くなるわけです。 といって、これから、自ら住宅を購入するのは、それだけで資産が飛んでしまうので、その気にはなれないです。株価の回復はいいけど、住宅需要も回復してきて、これ以上、マンションの値下がりは期待できそうもないです。 自分で住宅を買わずに、住宅を得る方法といえば、相続ということになります。 親も賃貸派、というより蓄財をせずに53歳でリストラされたので、親名義の不動産はないです。 可能性があるのは、父方の祖母で、祖父は既に他界し、現在は、東北地方の農村に独りで住んでいます。 長男の長男なので、将来、その家が自分のものになる可能性は高いです。 だが、それを当てにしていいのかというとちょっと違います。 祖母→父→私と2回の相続が必要で、その間に一悶着ある可能性は高いです。 扶養、介護の問題もあります。 それより、一番大切なのは、自分はその土地に住んで生活できるのかという問題を解決することです。 その家は、JR東北本線の駅から徒歩15分くらい、その駅から仙台まで1時間、新幹線の駅までは車で30分という立地です。今住んでいる都内の家からドアトゥドアで最速でも3時間くらいかかります。 周りは田んぼ中心の田園地帯です。 市町村合併があって、中心となる市街地は車で30分くらいかかります。 市町村合併前の町役場、今の市役所分庁舎までは徒歩10分。 買い物は、Aコープ、ローソンが徒歩15分圏内に、イオンとヨークベニマルが車で20分圏内にあります。 私にとっての必須施設である、図書館は車で30分かかり、スポーツクラブは1時間以上かけて仙台までいかないとないです。 インターネット環境としては、光はまだ来ていないです。 このような環境で東京育ちの都会っ子が生活できるだろうか不安です。 もちろんそれしか選択肢がなければ別なのですが。 ただ、進んでそういう環境に入りたいとは思わないですね。 周りの目はともかくとして、気軽に出かけることができないのは困ります。仙台まで往復で1500円、定期券だと月2万円かかります。 運転免許は持っているけど10年以上運転していないです。慣れれば大丈夫だろうし、車がなければ生活にならないような土地柄です。 気候は、雪はそんなに降らないけど、やはり冬は冷えます。 うーん、やっぱり当てにしてはいけないのかなと思います。
プロフィール

aeromania99

東京都在住の40代のサラリーマン。
仕事で出張が多く年間50泊くらいしてます。
休みの日には、スポクラでエアロビクスをやったり、スワローズ戦を観に行っています。
ブログでは、お金、節約、出張の話題、趣味の一口馬主について語ります。
日本嫌煙党党員

記事検索
↓Feedlyで購読!
follow us in feedly
出資馬
広告

楽天トラベル
楽天市場

一口馬主 ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: