今日は暑かった。夜になっても蒸し暑い。
9月下旬なのにこの暑さは応える。

先日、ノルマンディーの2020年産募集馬の発表があった。
一見したところ募集価格はアップしている。
一口馬主DBによるとノルマンディーの募集馬の平均価格は1300万円台だったが、今回は1500万円台後半だ。
それに血統や厩舎で売れそうな馬は明らかに高くしている。
信頼と実績の高木厩舎のキタサンメジャーの20はセリ価格に大きく上乗せして2520万円。
デアリングタクトの杉山厩舎予定のギャラクシーセレブの20は父エイシンフラッシュの自家生産馬で1720万円。
兄姉が活躍しているシュヴァリエの20はダイワメジャー産駒の牝馬で2360万円。
全姉のホワイトターフが新馬勝ちしたピッツネイルの20は全姉の募集価格が680万円に対して、ほぼ倍増の1200万円。

デアリングタクトバブルで入会した人たちの出資意欲はまだ残っていると思うので、今回の募集でもおおよそ売り切れるんだろうな。

今のところの候補は以下のとおり
2    キタサンメジャーの20
3    ギャラクシーセレブの20
10  プリンセスフローラの20
13  モトヒメの20
22  シュヴァリエの20

キャロットでも2頭取れたし、GIレーシングで1頭出資したし、社台地方オーナーズも始めたから、無理してノルマンディーで頑張る必要はない。

今年も募集馬見学ツアーはないんだろう。
まだ正式発表はないと思うが。