キャロットの出資馬エターナルピースが初勝利を挙げた。
昨年9月にデビューして勝てず、その後、休養をしていたが、1年ぶりのレースを見事逃げ切った。
正直ここで1回使って着外でそのまま引退かもと思っていたが、いい意味で期待を裏切ってくれた。
さすがノーザン天栄の力というほかない。

今日はもう1頭ノルマンディーのヴァイスブリッツが出走し7頭立てのびりだった。
抑える競馬をというのに大きく口を割り折り合いはついていなかったようだ。
最期は完全に一度交わした馬にも差し替えされてびりといいところがなかった。
休養前の競馬もだめだったというのもあるが、どんな仕上げをしているのだろうか。

やはりノーザンは偉大だ。