GIサラブレッドクラブへは、申込みを終えた。
第1希望No41イングリッドの20、第2希望No36 ソルヴェイクの20で封筒を投函した。
イングリッドの20はエピファネイア産駒の牝馬で杉山厩舎だ。当然、デアリングタクトの再来を願う。
ソルヴェイグの20はロードカナロア産駒の牝馬で、母はフィリーズレビューの勝ち馬。
それにしては安いのが気になるが

地方オーナーズは、今日最終の中間発表があってまた迷うことになる。
昨年比で53%の応募数があった。
第1希望を予定していた
No301のパーフェクトジョイの20は応募が伸びず7通のまま。
これなら第2希望でも通る可能性がある。
イチかバチかでNo320のブラックアテナの20を第1志望にしようと思い始めた。
レッドファルクス産駒でサンデーの3✕3がある。
兄弟に同系の父サウスヴィグラス、スェプトオーヴァーボードの産駒がいて成績はいまいちだがサンデーのクロスがれば違ってくるのではないか。
今日までの第1希望数は13通。
単純に倍にすると26通が第1希望になる。
実績がないから4口の抽選にかけることになる。
当選確率は36%と見た。
まるっきりだめな確率でもない

明日の昼休みにネットで申し込もう。