ノルマンディーの出資馬バンクオブクラウズは東京メインのオープン特別を2着だった。
少々出遅れて、中段より後ろからの競馬となったが、じっくり脚をため、1番人気のヒロイックテイルをマークするように進む。
3,4コーナ中間から仕掛けて直線では早々に先頭に立つも、最後方からの競馬だったハヤヤッコに最後刺されてしまった。
負けてなお強しの内容だったと思う。
ルメールも勝つための完璧な競馬をしてくれた。
それでも誤算はルメールがかつて乗った未勝利戦のときはズブかったので、仕掛けが結果的に早かったこと。
雨の影響で追い込みの効くダートになっていたことだ。
いくら強い競馬をしても賞金を上乗せできなかったことは、今後のレース選択に影響を与えそうだ。

ノルマンディーの3次募集に、社台地方オーナーズのカタログを見るだけでも忙しいのに、同封されていた社台、サンデー、GIのカタログもついつい見てしまう。
見ると社台系3クラブには入るつもりはないのだが、カタログを見ると欲しくなってくる。
どうせ抽選だし、だめもとで応募してみるか。

地方オーナーズもなんだかんだで目をつけた馬は、中間報告で第1希望の票数が入っている。

考えるだけ考えて欲しい馬が買えないのは辛いもんだ。