ねばねばダイアリー

一口馬主(ノルマンディー,キャロット)について語ります。        日本嫌煙党党員

アナザートゥルースの次走

さすが山田。
千両役者だ。

ノルマンディーの出資馬アナザートゥルースの次走は白山大賞典か日本テレビ盃のようだ。
日本テレビ盃は昨年1番人気ルメールで破れてしまい、その後は苦戦が続いている。
さすがに全盛期は過ぎていて、しばらくしたら南関東へ移籍するんだろうなという予測はつく。
半兄サウンドトゥルーを超えることはできそうにないが、末永く息の長い活躍をして欲しい。


ノルマンディーの表彰台

一口馬主DBを見るとノルマンディーの現役馬で回収率上位3頭はデアリングタクト、バンクオブクラウズ、アナザートゥルースで、獲得賞金上位3頭はデアリングタクト、アナザートゥルース,バンクオブクラウズの順であった。

3頭とも出資できているのはありがたい



ノルマンディーの2017年産

ノルマンディーの出資馬キアナポラリスが大井でようやくの初勝利を挙げた。
この馬は募集価格2200万円。
馬代金以上を稼ぐのは厳しいと思われるが、現役であるうちはなんとか頑張ってほしい。

そして、リアトリスは引退が決まった。
募集価格1720万円とスマートファルコン産駒の牝馬にしては異例の高額だ。
姉に活躍したビスカリアがいたからこの価格になったのだろう。
1歳10月の募集馬見学ツアーでは脚を引きずっていた。
一時的な症状とのことだったが、不安がある場合はやはり外すのが吉だ。

両馬とも2017年産だが、この世代の出世頭はもちろんデアリングタクト。
それに次ぐのはバンクオブクラウズで、さらにゴールドパラディンもオープン入が目前だ。
ノルマンディーでこの3頭を引けたのは本当に運がいい。
ノルマンディーの全体的な力はそれほど強くはないが、それでもあたりがあるのは大きい。

とはいっても現3歳世代はまだ勝ち上がり率が20%程度だし、ゆとり世代と言われた2015年産よりも悪くなりそうだ。
現2歳世代もデビューした馬は中央ではまだ1頭だし、流れは悪い。

ノルマンディーのはいい思いをさせてもらっていたが、そろそろスタンスを変えたほうがいいかもしれない。



プロフィール

aeromania99

東京都在住の40代のサラリーマン。
仕事で出張が多く年間50泊くらいしてます。
休みの日には、スポクラでエアロビクスをやったり、スワローズ戦を観に行っています。
ブログでは、お金、節約、出張の話題、趣味の一口馬主について語ります。
日本嫌煙党党員

記事検索
↓Feedlyで購読!
follow us in feedly
出資馬
広告

楽天トラベル
楽天市場

一口馬主 ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: